脱毛器選ぶなら圧倒的にケノンが断然効果高い?

ラヴィよりケノンのほうが脱毛効果が認められたので、ラヴィで肌トラブルが起きなかったのであればケノンでも大丈夫だと思います。
ニードル脱毛だと、確かな永久脱毛効果が期待できますが、ニードルにより、毛根に電流を流しますから、毛根部は軽症の火傷の状態になってしまいます。
従って、処置の後は脱毛したところが赤くなり、軽い痛みを伴うことがあります。
そのような火傷の炎症症状を抑えるため、冷却や保湿などの処置が重要です。
脇の脱毛の選択肢として、光脱毛を利用する女の人も多いです。
面倒くさいからといってクーリングしないのは、自爆・自虐行為とも言えるので、照射前後は必ずしっかりと冷やしてください。
光脱毛ならムダ毛の毛根部分を破壊してしまいますから、ワキの無駄毛処理にはぴったりでしょう。
レーザーによる脱毛にくらべると脱毛の効果が劣ってしまうものの、痛みを感じにくくてその上安いというメリットがあります。
肌にかける負担の不安が少ないのも脇脱毛法としてよく使われている理由です。
カミソリによって脱毛の自己処理をする際に気をつけなければいけないのは、カミソリの刃をしょっちゅう取り替えることです。
カミソリは劣化した刃を利用すると、ムダ毛だけではすまず、その周囲の皮膚も削ってしまうことになり、肌トラブルの要因に結びつきます。